2005年03月31日

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは?

人間の身体には60兆の細胞があり、
全ての細胞にはコエンザイムQ10が存在します。
コエンザイムQ10は、ミトコンドリアという部位に存在し、
細胞のエネルギー生産に不可欠な物質として、酵素の働きを助ける補酵素の一種です。

主な働き

@生体エネルギーの源であるATPを作る働き

  ATPは呼吸したり各臓器を動かしたり
  肌の新陳代謝などの全ての生命活動を行っています。
  人が生きていくうえで、エネルギーは必要不可欠ですよね。
  エネルギーが不足すると、各臓器や器官に影響が及んで
  免疫システムも正常に働かなくなるのです。
  

A強力な抗酸化物質としての働き
  老化のメカニズムは複雑ですが、活性酵素の影響が有力視されています。
  強力な抗酸化力で、細胞膜の酸化を防ぎ、細胞をダメージから守るので、
  若々しく元気な細胞を保ちます。

これらの働きが私たちに若さを与えてくれているのです!




→健康食品・サプリメントについて最新の情報を見てみる←
posted by uruoisan at 15:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 健康・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Lカルニチン
Excerpt: 太りやすくなった、疲れやすくなったなどの体の変化は、細胞レベルの衰えによるもの。細胞の衰えを防ぐとして紹介したコエンザイムQ10、αリポ酸に加え、もう一つの重要な物質「Lカルニチン」にスポットを当てる..
Weblog: Lカルニチンが足らなかった?
Tracked: 2005-03-31 19:32

コエンザイムQ10(CoQ10)
Excerpt: コエンザイムQ10…通称CoQ10とは、1957年にアメリカのクレーン博士が初めて発見した物質で、ビタミンQやユビキノンとも呼ばれている補酵素の一種です。 コエンザイムQ10は人体の60兆ある細..
Weblog: 通販中毒
Tracked: 2005-04-28 21:47

コエンザイムQ10・アルファリポ酸・Lカルニチンの関係
Excerpt: CoQ10(コエンザイムQ10)・αリポ酸(アルファリポ酸)・Lカルニチンこれらは全て細胞内のエネルギー代謝に関わっている物質です。通常人間は食事から摂取した糖や脂肪を細胞内のミトコンドリア内で生化学..
Weblog: 通販中毒
Tracked: 2005-05-30 14:15

30アップ ダイエットPro.
Excerpt: 30アップ ダイエットPro.■価格:8190円 (税込) ■在庫:あり■発送時期:5日以内詳細はこちらで他にもあります「Lカルニチン」
Weblog: Lカルニチン専門店
Tracked: 2005-06-12 20:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。