2005年04月11日

ゲルマニウム温浴


運動をしたくても何かと時間がない。
運動や食事制限が苦手でダイエットを諦めている。

そのような方に朗報です。
ぜひゲルマニウム温浴を試しましょう。
ラクして無理なく確実にその効果を実感することができます。
また、リラックスできるので【癒し療法】ともいわれています。

◎ゲルマニウムとは

元素Geをゲルマニウムといいます。
有機のゲルマニウムをオーガニックゲルマニウムといい、
漢方薬の原料にもなっている意外と身近なものなのですよ。

人間の体内には微量の電流があり、神経細胞が体内に異常が発生すると
異常な信号が流れるようになっています。
実はこの異常信号こそが肩凝りや腰痛、神経痛などを引きおこしています。
独自の電子特性を持つゲルマニウムの電位差が、この結部の異常電位を正常にして 
細胞の活性化を促します。

◎ゲルマニウム温浴とは

手足には、なんと体の2/3もの抹消神経が集中しています。
ゲルマニウム溶液に手足を浸すと
皮膚呼吸でゲルマニウムが全身に巡り、短時間で発汗が始まります。
そして、体内の余分な脂肪、有害な毒素や老廃物を汗とともに
体外へ運び出し血液が浄化され、体質が弱アルカリに改善されます。

このように新陳代謝を活性化させることにより、
自然治癒力を誘発させ、体の各器官に活発に働きかけ
機能も正常になると共に、美容にも優れた効果を得ることができます。

また、病気やストレスの原因は、酸素欠乏から起こることが
現代医学でも証明されています。
健康な生活を送る為には、きれいな酸素を体に十分に補給するということが
非常に大切なことなのです。


        ◆ゲルマニウム温浴で期待される効果◆
 
     新陳代謝効果・・・ ストレス発散・二日酔い・体脂肪の燃焼等に 
     血行促進効果・・・ 冷え性はもちろん、頭痛・肩こり・腰痛に生理痛にも 
     細胞活性効果・・・ 肌の艶・はりを保ち、たるみや筋肉の萎えを防ぐ 
エステなどで温浴へ行く暇がない方は、
なんと、ゲルマニウム効果がある便利な入浴剤が出ています。
ゲルマニウム温浴がいつでも好きな時間に好きなだけ自宅でできますよ。
仕事の後、ウィークエンドなど、リラックスして疲れた体を癒してあげましょうね。

ゲルマローズ【ビューティーライフ】
■商品名 ゲルマローズ 
■希望小売価格 8,400円 
■販売価格 4,179円(税込) 
■OFF : 50 % OFF)  
■取り扱いショップ:ビューティーライフ

今、エステで大ブームのゲルマニウム温浴が自宅でできる!
超セレブ級のローズ入浴剤が新登場しました。
美人肌に磨きをかけてアジアンビューティーになりましょう。
今、ネットで大人気の商品です。
ぜひ、ゲルマニウムパワーを実感下さい!
詳細は<<こちら
posted by uruoisan at 23:37| Comment(0) | TrackBack(4) | ゲルマニウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2909485

この記事へのトラックバック

ゲルマニウムで健康に
Excerpt: 【ゲルマニウム】大特集 入浴剤からジュエリーまで なんでもそろう。 ゲルマニウムって何でしょうか?ゲルマンという言葉からわかるようにドイツ人の科学者が発見した元素です。 ゲルマニウムはシリコン..
Weblog: いいものショッピング
Tracked: 2005-04-19 00:38

漢方薬
Excerpt: 漢方薬漢方薬 (かんぽうやく)は伝統中国医学の一種である漢方医学の理論に基づいて処方される薬。一般的に複数の生薬をあらかじめ組み合わせた方剤をさす。なお、近代以降に考案された方剤にはアスピリンのような..
Weblog: 漢方薬情報
Tracked: 2005-05-08 18:31

ゲルマニウム
Excerpt: ゲルマニウムとは、周期律表の32番目に記された元素「Ge」です。1885年にドイツの学者、ウイングラー博士が銀の鉱石、アルジロダイトからゲルマニウムを分離することに成功しました。そして発見者ウイングラ..
Weblog: 通販中毒
Tracked: 2005-05-15 23:30

ゲルマニウム温浴とは
Excerpt: ゲルマニウム温浴とは、体内の酸素の量を多く作り出すというゲルマニウム特有の性質を利用した温浴健康法です。42℃〜43℃の有機ゲルマニウムの配合されたお湯に手足を浸し20分ほど温めるというものです。身体..
Weblog: 通販中毒
Tracked: 2005-06-07 20:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。